平塚の健康診断センターのご紹介

平塚で健康診断を受けるなら、湘南健診センター

平塚駅北口
徒歩5分
平塚駅北口 徒歩5分

ご予約・お問合わせはお気軽に 受付時間|8:45~17:00

ご予約・お問合わせはお気軽に
受付時間|8:45~17:00

0463213811

0463213814

センター紹介

センター長 あいさつ

当センターは、下記理念・基本方針の基に平成5年7⽉に開設いたしました。近隣の事業所・住⺠の皆さまの健診、⼈間ドック、婦⼈科検診などを⾏い受診者様の疾病予防や健康増進のため、安全で精度の⾼い健診に努めております。

お陰様で「明るくて受診しやすい」と皆様からご好評を頂いておりますが、さらに2017年5⽉健診センターフロアーの増設・改修を⾏い、また婦⼈科検診を受けられる受診者様へのプライバシーにも一層の配慮をさせていただき、より快適で安全安⼼な健診センターとしてリニュ-アルオープンいたしました。

また、当センターは⽇本総合健診医学会の「優良総合施設」に認定された健診専門の施設であります。

最新の検査機器を駆使し、当センターの理念である「精度の⾼い健診による、市⺠の疾病予防・健康増進」に向けて、職員一同⼀層の努⼒を重ねていく所存であります。今後ともご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申しあげます。

最後に、平塚市では平成28年10⽉1⽇に神奈川県内で初めて「平塚市健康づくり推進条例」が制定、施⾏されました。

当センターにおいても健康⻑寿の地域社会の実現に寄与してまいりたいと考えております。

センター長 佐藤 明

理念

市民の疾病予防、健康増進のため安全で精度の高い健診を誠意をもって提供します。

基本方針

1. 受診者様本位の心温まる健診の実践

2. 信頼される精度の高い健診結果の提供

3. 受診者様へ家庭的で快適なサービスの提供

4. 湘南地域皆様の健康増進への奉仕

受診者様の権利

1. 全ての受診者様に公平かつ平等に、健診サービスを提供いたします

2. 受診者様の「個人の尊厳」を重んじ、プライバシーを守ります

3. 日々研鑽し、より良い健診サービスの提供に努めます

4. 受診者様の安全確保に万全を期します

5. 検査結果や生活指導など分かりやすい説明に努め、受診者様からの質問を歓迎いたします

6. 受診者様には、検査結果や生活指導などについて十分な説明を受けたうえでの「自己決定権」があります

7. 精査が必要な受診者様には、希望される医療機関をご紹介いたします

受診者様の責務

1. 受診者様の病気・健康に関する必要な情報を正確に医療者にお伝えください

2. 全ての受診者様に適切な健診環境が保てるよう、安全性や静粛性などへの配慮にご協力ください

3. 健診を受ける際、医療者が適正な健診を行なえるよう医療者の指示にご協力ください

医師紹介

健診センター担当医師紹介 2018年10月現在
佐藤 明
  • 日本肝臓学会専門医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本消化器病学会指導医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
児玉 康幸
  • 日本内科学会会員
家城 和男
  • 日本外科学会認定医
  • 日本消化器外科学会認定医
松原 升
  • 放射線科専門医
  • 横浜市救急救命士育成所講師
  • マンモグラフィー読影認定医
  • 横浜地方裁判所専門委員
藤田 亮
  • マンモグラフィー読影認定医
  • 日本医学放射線学会専門医
  • 放射線科専門医
森本 毅
  • 日本核医学会PET核医学認定医
  • 日本医学放射線学会診断専門医
  • 日本医学放射線学会研修指導者
鈴木 卓也
  • 日本医学放射線学会認定医
  • 日本医学放射線学会診断専門医
冬木 晶子
  • 日本内科学会認定医
  • 日本がん治療認定医機構認定医
根本 裕樹
  • 日本産婦人科学会認定医
  • 細胞診指導医
大高 東皓
  • 日本産婦人科学会認定医
四津 道子
  • 日本産婦人科学会専門医
  • 日本医師会認定産業医
持丸 文雄
  • 日本産婦人科学会専門医
  • 日本産婦人科学会功労会員
  • 母子保護法指定医師
井面 昭文
  • 日本産婦人科学会専門医
石過 孝文
  • 日本外科学会専門医
  • 日本消化器外科学会認定医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会指導医
  • 日本医師会認定健康スポーツ医
中沢 和美
  • 日本生殖医学会専門医
  • 日本産科婦人科学会指導医
  • 日本女性医学学会暫定指導医
  • 日本成人病学会認定管理指導医
  • 日本医師会認定健康スポーツ医
齋藤 剛一
  • 日本産婦人科学会専門医
  • 日本医師会認定産業医

健診の実績

より高い健診を目指して

クリニカルインディケーター(評価指標)とは、健診センターの機能について、様々な指標を用いて具体的な数値として示したものです。指標を分析し、改善を促すことにより、健診の質の向上を図るとともに、受診される皆さまにとって分かりやすい情報を提供することを目的としています。

湘南健診センターのクリニカル・インディケーターは、4項目を作成・公表しています。
クリニカル・インディケーターの収集・公表・改善を繰り返す取り組みを進め、健診の質の改善に努めてまいります。

1.施設管理者

・公益財団 佐々木研究所附属湘南健診センター長 佐藤 明

2.施設認定

日本総合健診医学会 優良総合健診施設

3.評価項目

・健診受診者数

・精密検査の紹介数

・当センターで発見された、がんの発見数

・子宮頸がん検診での再検受診率

4.健診受診者数

受診者数 2016年度 2017年度 2018年度
人間ドック 3440 3518 3724
一般健診 7874 8083 8234
婦人科健診 918 615 1055
協会けんぽ 3410 3627 3879
年間総受診者 17688 17677 18637
年間総受診者数
コース別受診者数

5.精密検査の紹介数

健診受診結果において、要再検査(D判定)、要精密検(G判定)、要治療(E判定)に対し医療機関に紹介した件数です。

紹介科 2016年度 2017年度 2018年度
消化器内科 212 202 142
婦人科 122 123 153
乳腺外科 55 26 30
総合内科 44 48 24
腎臓内科 1 10 18
呼吸器科 42 25 21
外科 47 15 9
循環器内科 32 23 20
泌尿器科 30 23 14
眼科 7 13 7
その他 12 6 2
604 514 440

6.当センターで発見された、がんの症例数(生検結果および紹介状の返信を基にしています)

症例 2016年度 2017年度 2018年度
乳がん 9 13 12
大腸がん、直腸がん 4 2 3
胃がん 3 2 3
食道がん 0 0 3
咽頭がん 1 0 0
肺がん 1 0 0
腎臓がん 0 0 1
肝臓がん 1 0 3
子宮がん 2 2 1
卵巣がん 2 0 0
甲状腺がん 1 0 0
白血病 0 1 0
カルチノイド 0 0 2

7.子宮頸がん検診での再検受診率

当センターでは子宮頸がん検診を受診された方のうち、要精密検査(G判定)の受診者の方に再来していただき、担当医から結果説明と医療機関への紹介を行っています。
また、子宮がん検診受診者の検診結果を厚生労働省のプロセス指標(要精検率、精検受診率、がん発見率、未把握率、精検未受診率)を基に数値化し、精度管理向上のための体制を構築しています。

2017 2018
子宮頸がん受診者数 4533 4874
要精検数(率) 89(1.96%) 111(2.28%)
呼び出し数(率) 85(1.88%) 106(2.3%)
再診受診者数(率) 77(90.6%) 87(82.1%)
精検受診数(率) 64(71.9%) 79(71.2%)
がん発見数(率) 2(0.04%) 1(0.02%)
未把握+精検未受診数(率) 25(28.1%) 27(24.3%)
2017年
2018年

センター内ツアー

images

画像をクリックすると拡大した画像がご覧になれます。

設備紹介

  • マンモグラフィ

    マンモグラフィ

    全員女性技師で対応しております。乳房を圧迫し、X線撮影を行います。

    検査目的:乳がん・乳腺疾患

  • 胸部X線撮影

    胸部X線撮影

    直接撮影にて胸部撮影をします。人間ドックコースの方は、正面・側面からの二方向で撮影します。

    検査目的:肺がん・肺疾患

  • 胃部X線撮影(バリウム)

    胃部X線撮影(バリウム)

    バリウム製剤を飲んでいただき、検査台で身体を動かすことで、食道・胃・十二指腸の異常の有無を検査します。

    検査目的:胃炎・胃がん・食道がん・潰瘍

  • 超音波診断装置

    超音波診断装置

    超音波(エコー)を用いて腹部(肝臓・胆のう・腎臓・膵臓・脾臓)、乳腺、頸動脈の病変(腫瘍・ポリープ・炎症・結石など)を体表面から見つけ出します。体に害が無く、負担の少ない検査です。

  • 血圧脈波装置

    血圧脈波装置

    両手、両足の血圧を同時に測定することで、血管の硬さや血管の詰まり具合をみる検査です。動脈硬化には個人差が大きく、その進展には食生活や運動不足などの生活習慣が大きく関連しています。定期的に受ける事が大切です。

  • 生化学検査装置

    生化学検査装置

    血液中に含まれている様々な成分を分析して、肝機能、胆のう機能、腎機能などについて知ることができます。調べる臓器によって検査項目が異なり、項目を組み合わせる事で診断の要素となります。

上部消化器内視鏡検査

上部消化器内視鏡検査

経鼻または経口から内視鏡を挿入し、食道、胃、十二指腸の粘膜を直接観察します。鼻腔が狭い方にも対応できるように、細い経の内視鏡もご用意しています。

婦人科

専用の器具を使い「子宮頸部(子宮の入り口付近)」の表面を軽くこすり、細胞を採取します。内診で子宮の大きさや固さ等を確認します。

  • 上部消化器内視鏡検査

    上部消化器内視鏡検査

    経鼻または経口から内視鏡を挿入し、食道、胃、十二指腸の粘膜を直接観察します。鼻腔が狭い方にも対応できるように、細い経の内視鏡もご用意しています。

  • 婦人科

    婦人科

    専用の器具を使い「子宮頸部(子宮の入り口付近)」の表面を軽くこすり、細胞を採取します。内診で子宮の大きさや固さ等を確認します。

センターからのお知らせ

受動喫煙の防止

当健診センターの施設内は禁煙です。
お越しの皆様は、禁煙(電子タバコを含む)へのご協力をお願いいたします。
また、周辺道路での喫煙は周辺住民の方へのご迷惑となりますので、マナーをお守りいただきますよう併せてお願いいたします。

携帯電話の使用制限について

センター内には、医療機器が多数配置されています。また身体に装着した方も施設内を通行する場合があります。
これらの医療機器は携帯電話の電波により誤作動の可能性があるため、センター内でのご使用にあたっては以下の使用制限をご理解のうえ、マナーを守り、周囲への迷惑とならないよう、皆さまのご協力をお願いいたします。

・健診フロアでの撮影・通話はご遠慮下さい。通話をされる際は、受付エリアにてご利用下さい。

ページトップへ

公益財団法人佐々木研究所

佐々木研究所

杏雲堂病院